HOME
Various 10Bests
Movie

 

サブウェイ・パニック  75

Taking of Pelham 123

監督 ジョセフ・サージェント

出演 ウォルター・マッソー ロバート・ショウ

04/4/18(13/12/8up)

最近になってリメイクされた映画だが、オリジナルがこれ。

監督のジョセフ・サージェントは、B級のアクションをテレビムービーなどで撮っていた、平凡な監督と見なされていたが、この作品はサージェントにしては出来すぎなどと言われた。

「サブウェイ・パニック」もB級のアクションなのだけれども、B級にしておくのは勿体ないような出来でした。

原題は「ペラム123号の乗っ取り」という即物的なタイトル。

ニューヨークの地下鉄を乗っ取って、大金を要求する犯人と、追う警察の攻防を描いていて、邦題の「サブウェイ・パニック」というタイトルも、内容をよく表わしてしてなかなかいいと思う。

映画の初めの方に、ニューヨークの警察に視察に来る日本人が出て来てまず笑いを誘う。

乗っ取り犯は4人で、それぞれブルー、グリーン、ブラウン、などと名乗っている(あと一人は忘れた)。色の名前を名乗っているのだ。

車両を乗っ取って、警察に要求をしている間、暇を見てクロスワードパズルを解いている犯人もいる。風邪をひいていて、くしゃみばかりしている犯人もいる。

このようなディテールの描写がとても楽しい。

ラスト、追い詰められた犯人が、警官(ウォルター・マッソー)に、金をやるから、と取り引きをしようとする。マッソーは、「今月分の賄賂は閉め切ったんでね」と言う。

随所に、このようなユーモアが散りばめられてあり、息詰まる攻防の息抜きになっている。

ちなみに、くしゃみをしている犯人が、幕切れの伏線になっているのもすごく粋で、気に入っている。

犯人の一人はロバート・ショウで、かっこいい。

この映画、犯人がなかなかかっこいい。犯人たちの描写がわりと詳しくしてあるので、感情移入してしまう。最後には当然、犯人は○○されるわけで、可哀相になってしまうくらいだ。

 

Various 10Bests Movie HOME

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー
inserted by FC2 system